不動産担保ローンを借りるのはこんな時

不動産担保ローンには年齢制限がなく80歳以上の高齢の方もお申込みできるため、老若男女問わず幅広く利用されています。 利用目的も様々で、老後の資金、教育資金、事業資金、カードローン代わりに、他にも色々な目的で借りられています。

不動産担保ローンはスマホでも借りれる

不動産担保ローンもスマホで借りることができると聞きました...
はい。スマートフォンからお申込みいただけます。
では、不動産担保ローンのご融資までの流れを、審査時に必要な書類も含めてご説明します。

不動産担保ローンをスマホで借りる方法

不動産担保ローンは無担保のローンとは違い、審査時に必要な書類がいくつかあります。

不動産担保ローンを借りるときに必要な書類は何!?

不動産担保ローンの申込時・審査時に必要な書類について 不動産担保ローンを申込む時には、無担保ローンと違って提出しなければ ...

必要な書類がわかったところで、次は申込手順です

step
1
お申込

公式サイトから申込むことができます。
同意事項に同意すると、お申込みフォームに進みます。

step
2
⓵ お申込みフォームに入力

希望の商品、担保にする不動産についての項目です。
希望の商品(プラン)を選ぶ欄では、事業者向け不動産担保ローン、不動産業者向け不動産担保ローン、不動産購入向け不動産担保ローン、借換え向け不動産担保ローン、不動産売却までのつなぎ資金ローン、個人向け不動産担保ローンと詳しく分かれているので選びやすいと思います。

また、担保にする不動産の名義は、お申込者本人名義でなくても構いません。不動産の名義の方との同意があれば、親族はもちろん他人の不動産でも担保にすることができます。

step
2
⓶ お申込みフォームに入力

お申込者についての項目です。
ここでは、電話番号やメールアドレスの入力間違いに気を付けましょう。

step
2
⓷ お申込みフォームに入力

お申込者の勤務先について項目です。

step
3
調査

  • 担保になる不動産の現地調査
  • 実際に現地に出向いてみないとわからない、日当たりや騒音等も調査します。不動産登記簿に記されている情報と明らかに違う場合もあるからです。
    担保を調査するスタッフは、長年の経験と知識がある為、この時点でおおまかな金額がわかるといわれています。

  • 法律上の制限の調査
  • 都市計画法や建築基準法に制限を受けない不動産であるかを調べます。都市計画法では、( 都市計画区域、準都市計画区域、その他地域 )にわかれており、さらに、都市計画区域は( 市街化区域、市街化調整区域 )にわけることができ、市街化調整区域に入っているところでは、新たに建築物を建てたりすることができません。

step
4
審査

最短で3時間、遅くとも2日程度で審査完了。
現地調査や様々なことを踏まえて不動産の評価額を決め審査します。

step
5
審査結果のご連絡

融資額などをお電話でお伝えします。

step
6
ご契約

融資日の決定、契約手続きを行います。

step
7
ご融資

抵当権設定の登記が行われたのを確認します。

不動産担保ローンにも関係する抵当権とは?

抵当権とは 抵当権とは、お金を借りるときに、家や土地といった不動産を担保として確保しておける権利のことを言います。 例え ...

おすすめの不動産担保ローン!

1.アイアイ不動産担保ローンは年齢制限がない為、高齢の方もご利用できる!
担保にできる不動産(土地や建物)があればお申込できるので、年齢は関係ありません。

2.借入金額も大きな金額を借入しないといけないとお思いかもしれませんが、アイアイ不動産担保ローンは少額からOKです。カードローン代わりのご利用でも問題ありません。

Copyright© 不動産担保ローンを借りるのはこんな時 , 2020 All Rights Reserved.