不動産担保ローンを借りるのはこんな時

不動産担保ローンには年齢制限がなく80歳以上の高齢の方もお申込みできるため、老若男女問わず幅広く利用されています。 利用目的も様々で、老後の資金、教育資金、事業資金、カードローン代わりに、他にも色々な目的で借りられています。

不動産担保ローンを借りるときに必要な書類は何!?

不動産担保ローンの申込時・審査時に必要な書類について

不動産担保ローンを申込む時には、無担保ローンと違って提出しなければいけない書類がたくさんあります。担保にする不動産の査定に必要になってくるからです。
では、不動産担保ローンに必要な書類をみていきます。

本人確認できるもの

  • 運転免許証・パスポート・健康保険証のうちどれか一つ
  • 印鑑証明

担保にする不動産の確認ができるもの

  • 不動産登記簿謄本 ☜ 法務局で取得できます
  • 住宅地図 ☜ ゼンリンのHPから取得できます[ https://www.zenrin.co.jp/index.html ]
  • 公図 ☜ 法務局で取得できます
  • 地積測量図 ☜ 法務局で取得できます
  • 建物図面 ☜ 法務局で取得できます
  • 固定資産税評価証明書 ☜ 市区町村の役所
  • 建築確認通知書 ☜ 家を建てたときにもらっています

たくさんの書類がありますが、金融会社が取得してくれるものもあります。不動産担保ローンを申込む時に尋ねてみるといいと思います。

場合によって必要になるもの

  • 担保にする不動産にローンがある場合は、残高証明書や返済予定表
  • 法人の場合は、商業登記簿謄本・決算報告書・事業計画書

以上が必要になる書類です。
しかし、金融会社によって要らないものもあれば他にも必要な書類もあるかもしれません。実際に不動産担保ローンを申込むときに一度聞いてみることをおすすめします。

不動産担保ローンの申込

電話・スマートフォン・パソコン・携帯からお申込できます。

お電話でのお申込みは、受付時間 9:00~17:00(土日祝日・年末年始を除く。)の間しかできません。
平日昼間に時間が取れない方も多いと思います。日中は忙しくて時間が取れないという方は、お手持ちのスマホ・パソコン・携帯からインターネットでお申込をどうぞ。インターネットでのお申込みは昼夜問わず受け付けています。
365日24時間いつでも、ご都合のついた時で大丈夫です。

不動産担保ローンの審査

不動産担保ローンの審査は厳しそうなイメージではないでしょうか。しかし、実際にはそうでもないようです。これは、審査が簡単というわけではなく、担保がある分無担保のローンと比べて比較的審査が緩いのです。
お金の貸し借りには信用がつきものです。担保を出すということで信用度も増します。金融会社も担保を受けることで、万が一、相手方が完済できなかったときでも担保を競売にかけて回収できるので、負債を背負うことがないからです。
審査期間については、一般的に、申し込んでから1ヵ月ほどかかると言われています。不動産を調査するという過程があるのでこのくらいは仕方がないかもしれません。しかし、今すぐに、早くお金を準備したい方にとってはもどかしい期間を過ごすことになります。
コチラで掲載しているところは、即日~3日でお金を受け取ることが出来ます。スタッフの知識と20年以上の会社の実績が短期間での融資を可能にしています。

 
 

おすすめの不動産担保ローン!

1.アイアイ不動産担保ローンは年齢制限がない為、高齢の方もご利用できる!
担保にできる不動産(土地や建物)があればお申込できるので、年齢は関係ありません。

2.借入金額も大きな金額を借入しないといけないとお思いかもしれませんが、アイアイ不動産担保ローンは少額からOKです。カードローン代わりのご利用でも問題ありません。

Copyright© 不動産担保ローンを借りるのはこんな時 , 2020 All Rights Reserved.