不動産担保ローンを借りるのはこんな時

不動産担保ローンには年齢制限がなく80歳以上の高齢の方もお申込みできるため、老若男女問わず幅広く利用されています。 利用目的も様々で、老後の資金、教育資金、事業資金、カードローン代わりに、他にも色々な目的で借りられています。

定年退職しても不動産担保ローンなら借りれる

退職金を貰ってもお金が足りないと言うTさん。
長年勤めた会社を定年退職。退職金もそこそこもらったけど、数年前の家のリフォーム代を一括返済したら無くなってしまい、今後の生活費が不安ということです。ご夫婦で共通の趣味もあるということで、老後を楽しみにしていたそうですが、老朽化した住宅のリフォームに想像以上のお金がかかってしまい…

高齢でもお金が借りれる方法

万が一の時は、お金を借りることもできます。

お金を借りるには年齢制限があり無担保のローンは70歳が上限です。そして、71歳になった時点で新たな借り入れができなくなります。しかし、ローンは無担保だけではありませんよね!?
何十年も固定資産税を納め大事にしてきた家を活用すべきです。

不動産担保ローンは退職後の年齢でも借りれる?

年齢制限があるのは無担保のローンだけです。

無担保のローンは、70歳で借り入れができても、71歳になった時点で新たな借り入れができなくなります。不動産を担保にお金を借りる不動産担保ローンはそんな事はなく、71歳でも借入が可能ですが、この年齢条件は、不動産担保ローンを扱う全ての会社に該当するわけではありません。

ココは年齢制限がないことを確認済みです

高齢でも借りれる不動産担保ローンはコチラからどうぞ

※全国対応、即日融資も可能です

現代の平均寿命は、男性81歳・女性87歳と、ともに80歳を超えている時代です。70歳を過ぎたからといってお金が必要なくなるかと言うと、そうでもありませんよね。病気をすれば通院・入院や自宅のリフォーム等大金がいります。ご自身ではなく、子どもさんやお孫さんにお金がかかる方もたくさんおられます。

このように、どうしてもお金が必要になった時は、不動産担保ローンもご利用できます。

不動産担保ローンの良し悪し

不動産担保ローンには良い点もあればそうでないところも...もちろん、これは他のローンプランでもあることですが、大きな金額を借りる不動産担保ローンは、無担保のローンと比べて違う点もあるので、一度目を通しておかれると安心だと思います。

他のローンより低金利で借りれる

不動産を担保にしてお金を借りるので、無担保のローンと比べて金利が低くなります。

返済期間が長い

返済期間が長いことがメリットではありますが、長くすればするほど利息の負担は増えます。

借入金額が大きい

担保にする不動産の価値によって融資額は違いますが、無担保ローンと比べるとその金額はぐんと大きくなります。

高齢でも借りれる不動産担保ローンはこちら!

スマホ・PCで24時間ココから申込OKです!

※全国対応、即日融資も可能です

Copyright© 不動産担保ローンを借りるのはこんな時 , 2020 All Rights Reserved.