不動産担保ローンを借りるのはこんな時

不動産担保ローンには年齢制限がなく80歳以上の高齢の方もお申込みできるため、老若男女問わず幅広く利用されています。 利用目的も様々で、老後の資金、教育資金、事業資金、カードローン代わりに、他にも色々な目的で借りられています。

バリアフリーにかかるお金はいくら?住宅リフォームの為の不動産担保ローン

バリアフリーはお金がかかる

奥様、旦那様の病気をきっかけに住宅をバリアフリーにリフォームする方が多いのですが、金銭的なことで迷う方が半数以上。マンションや戸建ての住宅を購入したときからリフォーム資金を積立ててはきたと思うのですが、お子さんがいれば教育費にお金をもっていかれますし、思うようにお金は貯まりません。

住宅全部をリフォームできないにしても、手摺りをつけたり、段差をなくしたり、水回りを綺麗にしたりと、絞ってリフォームするだけでも全然違います。

住宅リフォームの為の不動産担保ローンはコチラ!

全国対応、24時間お申込を受け付けています。

どこをどうバリアフリー工事しますか?

バリアフリーにする必要があっても、どこをどうリフォームするか、費用はどんな感じなのか漠然として現実的ではないので、どのくらいの費用がかかるのか見ていきませんか!?

手摺を付ける費用

費用は10万円前後です。
手摺り自体は、ホームセンターなどで3万円以下の値で売られています。自分でつけることもできますが、下地、土台をしっかり見極めないと、手摺りを付けても無意味になる場合も...
歩くことが困難な方にとって手摺りはとても大事です。少々高くなったとしても専門家に任せましょう。

扉を換える費用

費用は10万円~20万円です。
一般的な開き戸では、段差があたっり、スペースが狭く車椅子で生活している方には大変です。車椅子でもラクラクに過ごせるためには、引き戸にする必要があります。

お風呂のバリアフリー化

費用は50万円~100万円です。
一般的な開き戸では、段差があたっり、スペースが狭く車椅子で生活している方には大変です。車椅子でもラクラクに過ごせるためには、引き戸にする必要があります。

コチラの不動産担保ローンは10万円でも借りれます!

全国対応、24時間お申込を受け付けています。

不動産担保ローンには年齢制限がありません

住宅をバリアフリーにリフォームしたくても、申込者の年齢制限に引っかかり借入どころか申込さえもできないという話も聞きます。他社の不動産担保ローンはどうかわかりませんが、コチラでご紹介している不動産担保ローンには年齢制限はなく、70代、80代、90代以上の方でも、担保さえあれば住宅をバリアフリーにする為のリホーム資金を借りることができます。

住宅リフォームの為の不動産担保ローンはコチラ!

全国対応、24時間お申込を受け付けています。

不動産担保ローンは借入額も自由です

不動産担保ローンというと、大きな金額しか借りれないと思うかもしれませんが、コチラでご紹介している不動産担保ローンは違います。1万円でも借りれます。必要なところだけバリアフリーにしたいという方もいると思うのです。10万円だけ、50万円だけというようにバリアフリー化したいところだけの費用を借りたいといった方にも、おすすめできます。

 
 

Copyright© 不動産担保ローンを借りるのはこんな時 , 2020 All Rights Reserved.